小林びんせい プロフィール

自然療法士 BHSc.

ナチュラル ドクター N.D.

ー役職ー
EGAWOホリスティックヒーリング 代表
国際個別化医学会 評議員 
NPO法人統合医学健康増進会・顧問
統合医療医師の会 ・相談役
(社団)腸内フローラ移植研究会 チーフダイレクター
(社団)日本認知症改革推進協会・顧問
際ナチュロパス協会・代表理事

日本アイオロジー研究会・代表

SCENAR JAPAN・代表

ワイルドフラワーエッセンス・教育主任

ー略歴ー

1958年 東京大田区生まれ 

1978年 国立東京工業高等専門学校 工業化学科卒 

1978年 東京特殊印刷航空機事業部勤務 

1980年 長野県白馬村に移住  

1983年 オーストラリア パースに移住 

1986年 西オーストラリア・シェフコンペ シルバープレート受賞 

1987年 日本食レストラン経営(低価格の日本食を西オーストラリアに広めた) 

1987年 無農薬食・自然農法・自然療法研究開始 

1987年 スピリチュアルヒーリングをはじめる

1999年 スポーツマッサージ資格取得 

2002年 鍼灸師マイケルハーマン(日本鍼灸)ZENクリニック勤務 AIHM学校内クリニック助手 TAFE(国立職業学校)にてマッサージ・インストラクター 

2003年 ニューイングランド大学 卒業   オーストラリアン・インステチュート・オブ・ ホリスティックメディスン(AIHM)卒業 ライフ・アカデミー(オーストラリアン・ワイルドフラワーエッセンス)卒業 最優秀鍼灸師受賞 

 

2005年 シドニーに自然療法院 トゥルーヘルス開院  ロシアの宇宙飛行士のために開発されたスクエナーセラピーを導入 。豪州男性ファッションのトップデザイナーである マーク・ケーリーを癌から解放(当時、彼の癌との闘いは全豪放送で流されていた) 

2008年 23年ぶりに日本に帰国 EGAWOナチュラルヒーリングにおいて心と体を癒す自然療法の実践と教育を中心に活動中。

2010年 

 

ー趣味ー 

学生時代は山登、カヌーやヨットなどを自作し自然の中のスポーツを好んだ。社会人になってからはスキー、ダイビング。オーストラリアに移住してからは陶芸、3Dアート、料理、釣り、有機農法に興味を持ち自然のなかでの趣味や創造性のある趣味を好んでいる 資格 自然療法学士 (ニューイングランド大学卒)

 

ー資格ー

ホリスティック・カウンセリング (フラワーエッセンス)学士、 クリニカル アキュパンクチャー アドバンス ディプロマ、  マッサージ サティフィケートlV (TAFEにて指導員)、 トリガーポイントセラピー (TAFEにて指導員)、  アロマセラピー ディプロマ、 薬草学 ディプロマ、 キネジオロジー サティフィケートll、 虹彩学 白目診断 サティフィケートll、 ボーヤン・セラピー 、陰陽ハーモナイゼーション・セラピー指導員、 リトム スクエナー 公認指導員、 Life ワイルドフラワーエッセンス 公認講師

 

ー受賞ー 

1986年 西豪州シェフコンペ 銀賞 

2000年 AIHM最優秀鍼灸士賞 受賞 

​EGAWOホリスティックヒーリング代表

小林 びんせいND

自然療法医 BHSc.

ナチュラル ドクター N.D.


EGAWOホリスティックヒーリング 代表
国際個別化医学会 評議員 
NPO法人統合医学健康増進会・顧問
統合医療医師の会 ・相談役
(社団)腸内フローラ移植研究会 チーフダイレクター
(社団)日本認知症改革推進協会・顧問
際ナチュロパス協会・代表理事

日本アイオロジー研究会・代表

SCENAR JAPAN・代表

ワイルドフラワーエッセンス・教育主任

WHO基準の自然療法を日本にも

副作用のない自然なアプローチで、最高の癒しが得られるような医療の実現を

 

国立東京高等専門学校工業化学化を卒業後、航空機部品の品質管理。

26歳で西オーストラリアに渡り、日本食テイクアウェイショップを経営。

次に自動車教習所を経営する傍ら、

定年もなく、多くの人に役に立つ仕事を求めてナチュロパスになりました。

卒業後シドニーの中心ジョージ・ストリートに、TRUE Health ナチュラルクリニックを開院。

シドニーで働く多くの日本人やオーストラリアのビジネスマンの健康を守ってきました。

ナチュロパスとしては肉体面は中国伝統医療(鍼灸・薬湯)や

ロシアの宇宙飛行士の健康を守るために開発されたスクエナーセラピーを使い、

精神面は西オーストラリアのアボリジナルの太古から使ってきた

花療法(ワイルドフラワーエッセンス)を使い、潜在意識の施術を取り入れ

臨床栄養学、食事療法、生活改善も視野に入れた、

ボディー・マインド・スピリッツのレベルでの健康を提供しています。

 

日本にもWHO基準の自然療法を伝えようと、

シドニーのクリニックを閉じ2008年に東京に移転しました。

日本における医療の問題や自然療法、統合医療のあり方、問題点などがよくわかってきました。

日本では自然療法の情報が限られており、又、厚生労働省の影響も強く、

日本人の健康を考えているのか企業の利益を考えているのかよく判りません。

結果的には薬の無駄な投与でその副作用に拠るリスクがメリットを凌いでいるかのようです。

 

そのような中でEGAWOでは、

国際水準の自然療法とスピリチュアル・セラピーを使い、

心と身体をホリスティックにケアする施術を行っています。

多くの方が自然療法は時間がかかり、現代医療と比べるとゆっくり穏やかに効くと思っています。

しかし問題を起こしている本当の原因を見つけ改善すると、人間本来の自己治癒能力を発揮します。

それはとても強く早く深く改善します。

現代医療を否定せず、副作用のない自然なアプローチで最高の癒しが得られるような医療の実現を目指し、

施療、教育、講演活動をしています。

 

又、ステージ4のがん患者の治療を中心に取り組んでいる白川太郎教授をはじめとする、

多くの医師と連携をとりながら、自己治癒力を最大に発揮できるよう、

クライアント様に合ったがんの自然療法も提供しています。

2016年に出版されたガンの栄養療法に関する本「ガンになったら何を食べたらいいの」では、

がん治療の栄養学的情報を書かせていただきました。

日本では標準的なガンの自然療法が無かったため、多くのがん患者様の参考書となっています。

 

 

 

学術友好関係 

 

白川太郎 院長 銀座東京中央メディカルクリニック

元京大教授

白川太郎先生は京都大学医学部卒業後、同大学で呼吸器専門の内科医として経験を積み、英国オックスフォード大学医学部に10年間留学。

遺伝子学、免疫学の研究者として、世界的な科学誌「ネイチャー」、「サイエンス」に多数論文を発表している。

京都大学大学院医学研究科教授などを経て、2006年より臨床研究に主眼を置き、

長崎県諫早市に開設した「ユニバーサルクリニック」に続いて開いたのが東京中央クリニック。

3期~4期の進行・末期がん治療を専門に「免疫治療」「遺伝子治療」「温熱治療」と「栄養療法」を組み合わせた治療を行っている。

 

 

水上治 医師

 

首藤紳介 医師

首藤先生は水素温浴療法をいち早く取り入れがん治療にすばらしい結果を出しています。

現代医療に積極的に代替医療を取り入れアイオロジーやスクエナーも利用しています。

とてもバランスの良い統合医療をされています。

 

Dr.ジョセフ プレンダーガスト

Dr.ジョーは内分泌の専門医でアルギニン・サプリメントをスタンフォードのノーベル研究グループの一員で

彼のアルギニン・フォーミュラは糖尿病患者約1万人に投与し、その結果99%の糖尿病患者で循環器疾患による治療を

必要とする必要がないという結果を出している。

そしてDr.ジョーは遺伝性のガラクトース血しょうにより37歳の時に重度の動脈硬化(石灰化)を起こしており

当時の血管年齢は80歳といわれていた。

しかし自ら開発したアルギニン・フォーミュラで改善され現在74歳の彼の血管年齢は16歳。

2008年誰よりも多くのアメリカ人を救ったことをたたえてファーザーオブザイヤーをADAより受賞。

そのほかインターネットテレビを通じて遠隔治療を行い治療格差をなくしたことをアメリカ医学界より受賞。

彼の開発したフォーミュラのおかげでEGAWOでは心臓の問題はほぼ解決した問題になっています。

Sir.バスデバ & カダンビ バルナオ (パース)

オーストラリアン・ワイルドフラワーエッセンス創始者 第1回世界フラワーエッセンス会議の議長。

1980年代に、オーストラリア先住民コミュニティを研究していたカダンビは、

ヌンガー族の現存する最古のフラワーエッセンス治療があることを知りました。

ヌンガー族の長老ナンジャンによって、自分たちの研究がヌンガー族の古代治療と同じであることが確認された。

1980年代から90年代にかけて、ツボ治療を通じ、フラワーエッセンスの研究と使用を目的に、

フラワーエッセンスが配合されたクリームやローションの商品を製造しました。

その後この製品によって、彼らの研究が病院や医療機関に普及されるようになったのです。

ちなみにリビングエッセンスは、オーストラリアの病院で使われるようになった最初のフラワーエッセンスです。

病院では、主に痛みとストレスの緩和に使われています。

1997年、バスデヴァとカダンビ・バルナオ両博士は、三番目の著書であり、ワイルドフラワーエッセンスと

そのユニークな診断応用技術すべてに焦点を当てた「21 世紀のためのオーストラリアのフラワーエッセンス」を出版しました。

そしてフラワーエッセンスの自然療法としては世界初国家認定(オーストラリア政府)の学士号が取得できる3年の資格コースを設立。

1995年バルナオ両博士は、それまでの研究と社会における健康関連の博愛的業績により、病人看護、弱者や抑圧者を保護する

900年の歴史を持つ国際的騎士団のエルサレム・セントジョーン騎士団、マルタ騎士団(ときにホスピタル騎士団として知られる)の

サー・デイムの称号を与えられた。

自然療法研究家としては異例。

この教育機関を学士として卒業数年後、私が日本に来ることになったためフラワーエッセンスの日本の教育を一任された。 

 

Prof.アレクサンダー・レヴェンコ(ロシア)

スクエナー技術開発者 (ロシアの病院、宇宙飛行士の為の治療器スクエナーの開発者)脳神経科教授。

約30年前にタガンログで全く新しい治療法としてのSCENAR療法を開発。

もともとデバイスは、"宇宙の研究プログラム"で使用することを目的としたが、プロジェクトはペレストロイカで停止した。

1986年にSCENARデバイスは、ソ連医療評議会によって技術的および臨床試験を合格し、

診療所、病院などの医療機関および家庭での治療器として認可されている。 

 

Dr. ガリーナ Subbotina:

小児科医、クラシックホメオパス、リフレクソロジスト理学療法士、レヴェンコ教授のスクエナーアカデミーのチーフトレーナー。

スクエナー技術を世界に広めるために尽力しその教育技術にはロシアのみならずドイツをはじめてするヨーロッパ各国に定評がある。

 

Dr.石然 (中国北京)

陰陽ハーモナイゼーション・セラピー創始者(癌や脳腫瘍、中風などの治療で、優れた結果を出している)

北京を中心に新しい中国医療を普及・教育している。シドニーの治療院でのビジネスパートナー 。

 

Dr.イーファン・ヤン (シドニー)

ハーバル・インターナショナル社長、伝統中国医博士(肝炎の漢方薬治療の研究などをしている)

オーストラリアの漢方教育の第一人者 Dr.フー (シドニー): シドニー大学 免疫学博士(漢方薬のがん治療などを研究している)

シドニー大学において漢方を学術的に研究している。

特に彼の開発した肝炎のフォーミュラは優れた作用があり多くの肝炎、肝臓がんの治療に成果を出している。

 

Dr.レオナルド M(アメリカ)

スクレロオロジー創始者 (白目の血管から身体の異常を正確に把握できるスクレロオロジーを開発)

この技術はアメリカ、オーストラリア、アジア諸国をはじめ世界中で支持されている。 

 

ジェシカ ホルメスBHSc,ND (シドニー)

聖域を思わせる高いエネルギーを持つ自宅の庭から作った彼女のフラワーエッセンスは、

ブッシュフラワーのイアンホワイトも絶賛し、氏のエッセンスの中に加えられている。

 

 

 

ブログ FB Binsei Kobayashi 

 

 

 

EGAWOホリスティックヒーリング

小林びんせい

〒150-0022

東京都渋谷区恵比寿南1-14-6 土屋マンション501

MAIL:aiegawo@gmail.com   TEL:090-6481-8740

​りっき・オーヘン

  • s-facebook

ブログ FB Rikki O'Hen 

  • s-facebook